お金が返せない

お金が返せない

お金が返せない人

 

お金が返せない人っていますよね。

 

貸しても貸してもお金を返してくれる気配がなく、
貸した次の日には悪びれもなく
「貸して」
と声をかけてきます。

 

一体こういった方はどうしてお金を返さないのでしょうか?

 

お金を返さない人の特徴として、共通する点がいくつかあります。

 

【お金が返せない人の特徴】

 

・約束を守れない。
・時間にルーズ。
・忘れっぽい。
・お金に限らず貸したものを返さない。
・生活面もだらしがない。
・うそをよくつく。
・言い訳をよくする。
・自分のことは棚にあげる。
・見栄っ張り。
・自分の失敗を他人のせいにする。
・態度をコロコロ変える。

 

などなど、上記のような特徴が見られます。

 

簡単にまとめてしまうと、お金を返せない人、というのは、
お金のことだけに限らず、自分の生活面においても、
だらしがない人が多いようです。

 

もっと大きく大別すると

 

・忘れっぽい人
・同情を求める人
・お金を返せない自分に酔っている人

 

この3つに分けることができます。

 

忘れっぽい人、というのはお金を返せない人の特徴として、
意外に多いかもしれません。

 

「明日返すから」といっては次の日は忘れ、
「明後日絶対に返すから」といっては、その次の日も忘れ・・・
貸した側も「忘れているだけだから仕方ないか」という感じで、
ズルズルと返してもらえないままの状態が長引いてしまうのです。

 

また、同情を求めるタイプの人は、
「自分は貧乏で、かわいそう」という状況を利用して、
貸した側に同情を求め、返す日を遅らせていくタイプです。
こういったタイプは貸した側が優しい人だと、
「かわいそうだから仕方ないか」という感じで、
情けをかけてしまい、貸したお金を諦めてしまう方もいるようです。

また、3つ目の「お金を返さない自分に酔っているタイプ」の人は、
「お金を返さない」ということ自体になんらかの快感を得ている場合があります。

 

お金を返さないことで、
「返さない自分がカッコいい」
「相手よりも自分は強い」
という気持ちが生まれ、それに浸ってしまうのです。
その快感を得るために、またお金を借りては返さない、を繰り返しているのです。
http://xn--tck8a123od9y8k9airc.asia
一方で、お金を返さないことで、
「やっぱり自分はだめなやつだ」
「自分はどうしようもない人間だ」
といった感じで、自分自身を否定したくて、
お金を返さない人もいます。

 

3つ目のケースは何か心が病んでいる可能性が高いでしょう。
こういった人にお金を貸してしまうと、やはり返さないことが多いので、
もしこれらの特徴を見極められて、
「お金を返せない人」だと分かるようなら、お金は貸さないほうがよいでしょう。

 

お金の貸し借りは信用問題に関わります。
お金を返せないようなら借りないように、
返せる自信がある人は信用を無くさないように、
お金の貸し借りには十分な注意を払いましょう!

夫の勧めで弁護士に相談をして独身時代の借金問題を解決。

結婚後半年間、私は独身時代のクレジットカードの支払いを続けていました。独身時代は自分のお金は自由に使うことが出来たので、買い物の際にはよくリボ払いを利用していました。ただ、このリボ払いというのは月々に少しずつお金を払っていく方法なので、どれくらいお金を使っているという感覚が湧かなかったのです。限度額いっぱいまでクレジットカードを利用するようになっていき、クレジットカードが使えなくなると、キャッシングをしてお金を借りるようになりました。キャッシングの利用を繰り返していたことから、知らない間にどんどんと借金の額も増えていき、すぐに完済をすることが難しい額まで膨らんでいました。夫に借金があることを知られてしまい、借金の問題を解決するために法律相談所へ行くことにしました。
http://xn--xcka3jxam2a5cydw890bzr4cgy0dr8e.asia

 

長期に渡って借り入れを行っていたことから、過払い金がある可能性が高いということから、弁護士の方に詳しく調査をしてもらいました。すると、過払い金があることが分かり、かなりの額が手元に返ってきました。返却されたお金を借金の返済に充てたのですが、まだ少し借金が残るといった状態になり、残りの借金は結婚後も返済を続けることになりました。自分1人では今でも借金の返済を続けていたと思いますので、弁護士の方には本当に感謝しています。夫に隠れて返済を続けていくのは後ろめたい気持ちがあったので、夫に知られて今では良かったと思っています。

転職先の給料が低くて生活が出来ず、借金をすることに。

転職先の給料が低くて生活が出来ず、借金をすることに。

会社に就職をしてから10年近くずっと営業で頑張ってきたのですが、辞令によって突然事務の仕事をしなければならなくなりました。営業の仕事が自分には合っていると思っていましたし、営業の仕事がやりたかったことから、会社を退職することを決意したのです。この会社でなくても営業の仕事はたくさんありますし、自分には営業が天職だという自信があったことから、転職を甘く見ていました。どうせ転職をするのであれば、今の会社よりも待遇がよくてキャリアアップを目指すことが出来る会社に就職をしたいと思い、求人を探しては採用試験を受けることを繰り返していました。ただ、前職より条件のいい求人は、採用試験を受けても全て不合格という結果でした。仕事を見つけなければヤバイと思い、前職より条件が良くない求人にも応募をするようになり、ようやく1社内定をもらうことが出来ました。仕事が見つかったのはよかったのですが、待遇も給料も前職より悪くて生活にも余裕がなくなってしまいました。必要な生活費が不足するようなことも起こり、借金に手を出すようになっていきました。
http://xn--tck1a9b6hn67ndn8e.net
仕事を続けても給料が低いので借金を度々繰り返すようになり、借金の額はどんどんと増えていきました。気付いた頃には、自分の収入では到底完済が出来ないくらいの額になっていました。自分では解決をすることが出来ないと判断をし、法律事務所に相談をすることにしたのです。私の場合は任意整理を行えば、現状を奪回することが出来るとアドバイスをしてもらい、気になっていた過払い金があることも分かりました。過払い金請求をして借金の額を減らすことも出来ましたし、今のところは借金を再びすることなく返済を行いながら生活を続けています。節約をして少しでも早く完済をしたいと思っています。